レクサスディーラーって敷居が高い?【気にする必要なし】

ドイツ御三家に並ぶ高級車ブランドのレクサス。
「レクサス気になるんだけど、敷居高いんだよなぁ」と思っている人も多いはず。
ガラス越しに見える高級車、高級感溢れまくりの店内。
「そんなところに自分なんかが行っていいのだろうか。」と感じている方に、少しでもレクサスの魅力を知ってほしいと思いこの記事を書くことにした。

タップできるもくじ

初めてレクサスディーラーに行った時の話

私が一番最初にレクサスに行ったのは大学生の頃。

この記事の冒頭で触れている通り、大学生の頃RXに一目惚れして「絶対にレクサスRXを買うんだ」と決めてから、いてもたってもいられずカタログを貰いに行ったのをよく覚えている。

実家のホンダフィットで行ったんだけど、はじめは「門前払いされたらどうしよう、場違いだよな」と思っていた。
ディーラーに着くとスタッフの方が店内から小走りで出てきて学生感丸出しの僕に対して丁寧に挨拶してくれた。

その場でまだ買えないのにも関わらず「RXのカタログをもらいにきたんですけど」とお願いしたんだ。
大学生なのですぐ購入できるわけではない。と伝えたが、特にあしらわれることもなく展示車を案内してくれてRXについて細かく説明してもらった。

その後も何度かレクサスディーラーにお邪魔する機会があったが、毎回丁寧な応対をしていただいた。

敷居の高さ

レクサスディーラーは最近コンセプトが統一され改修工事をしまくっているので、日本全国どこの店舗に行っても統一されたデザインになっている。
和モダンなショールームの雰囲気は一般生活では味わえないし、ちょっと薄暗い感じも品があって大好き。

めちゃくちゃキレイでいい匂いがして高級感が漂いまくっている。
他の日本車ディーラーにはない独特の雰囲気があるのは間違いないし、大きく差別化ポイントの一つだ。

敷居が高いって良いこと

プレミアムブランドなのである程度の敷居の高さは必要だ。
レクサスはブランディングとして高級感や独特な雰囲気を作って他のディーラーと差別化を図っている。

オーナーとしても高級感溢れていたほうがいいし、頻繁に訪れる場所ではないから特別感ある雰囲気のほうが絶対にいい。

所詮トヨタなんだ

レクサスのことを「レクサスなんて外側を変えたトヨタなだけ」と揶揄している人をたまに見かける。
僕はこういった意見が大嫌いなんだけど、一方で事実でもあるんだ。

レクサスブランドは、ご存じの方も多いだろうけどトヨタ自動車のプレミアム部門。
高級ブランドなのは間違いないけど、いってしまえばただのトヨタなんだ。だからディーラーの母体もトヨタだし、営業スタッフもトヨタディーラーの社員だ。
契約などもレクサス〇〇ではなくネッツトヨタ〇〇みたいな感じで、レクサス店舗の母体のトヨタディーラーと結ぶことになる。

良くも悪くもレクサスはトヨタの一部なんだ。レクサスだからといって緊張する必要はない。


レクサスに行くときの準備は?

HPから予約ができる

レクサス公式HP-購入検討サポート

レクサスのHPから車種を選択して購入相談や試乗予約ができるので、事前に予約しておくとスムーズ。
僕が初めて行ったときもHPで予約した覚えがある。

服装は?

気にする必要はない。僕はミニマリストなのでユニクロで白のTシャツしか持っていないから、毎回白Tシャツと黒のアクティブジョガーパンツを着て適当なスニーカーを履いてディーラーに行っているんだけど、オーナーズラウンジを見ても意外とそんな感じの人ばっかりだ。
何度もレクサスディーラーに行っているが、全身ハイブランドでイキってる層とか、見るからに金持ってそうなおじさんとかは、ほとんど見かけたことがない。いるにはいるんだけど。

意外とそういうもんなんだ。
もちろん最低限の身だしなみは必要だし、ボロボロの身なりでいけば足元見られる可能性もあるけど
過度に気を使いすぎる必要はない。

まとめ

プレミアムブランドなので敷居の高さは感じてしまうのは仕方ない。
オーナーの僕でもレクサスディーラーに行くときは「全身ユニクロのガキがレクサスに行っていいのかな」と一瞬思ってしまう。

内心、どう思われているかはわからないけど、「コイツ買わないだろうな」と思われたとしても、ぞんざいに扱われることはない。安心してレクサスを体感してほしい。

『敷居が高そう』というだけで敬遠するのではなく、一歩勇気を踏み出して赴いてみれば価値観が変わるはずだ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできるもくじ
閉じる